【Vanilla JS】要素に設定されている計算後のスタイルを取得する( getComputedStyle() )

[ ID : 9254 ]
【Vanilla JS】要素に設定されている計算後のスタイルを取得する( getComputedStyle() )

概要

JavaScriptを使用して指定したHTML要素に設定されている計算後のスタイルを取得する方法を紹介。

用途・要件

  • HTML要素に設定されている計算後のスタイルを取得。
  • ::before::afterなどの擬似要素のスタイルも取得可能。

検証ブラウザ

  • Google Chrome(最新)
  • Safari(最新)
  • Firefox(最新)
  • Microsoft Edge(最新)
  • IE11

実装例

このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。 新規会員登録

この記事をシェアする

新着記事

全ての記事を見る

KONOCODEのメリット 無料会員登録