localStorageを使用してブラウザに情報を保存・取得・削除

[ ID : 3433 ]
シルバー
localStorageを使用してブラウザに情報を保存・取得・削除

概要

JavaScriptを使用してlocalStorage(ローカルストレージ)を扱い、情報を保存・取得・削除する方法について。

用途

  • JavaScriptを使用したlocalStorage処理を行なう。

内容

  • localStorageはCookieとほぼ同じ機能を提供するが、Cookieと比較して更に大きなデータ量(10MB)を保存できる利点がある。
  • sessionStorageと比較して、localStorageはブラウザを閉じたり再び開いたりした場合も持続します。
  • localStorageはCookieと異なり、有効期限の設定はできません。またHTML5以上の環境下での使用が前提となります。

実装方法

このコンテンツの続きを閲覧するにはログインが必要です。 新規会員登録

この記事をシェアする

新着記事

全ての記事を見る

KONOCODEのメリット 無料会員登録